血糖値を下げる野菜としては、オクラ・ヤマイモ・モロヘイヤ・海藻・梅干し・大根・切干大根・とうがん・黒豆キャベツの芯などです。

『高血糖』、または『糖尿病』を患っていますと医師に伝えられた時、食生活の見直しもすることを告げられます。

その際に食べ物については油分、脂肪分、糖分を控えた身体に良い食事を心がけるよういわれます。

ですが具体的にどんなものを食べればいいのか迷いますよね。

実は実際、野菜ならほぼなんでも血糖値を上げるのを防ぐ効果があるものばかりなのですがその中でも有名なのがオクラとヤマイモとモロヘイヤです。

粘り気のある野菜や食べ物は昔から身体に良いとされており、実際それは当たっているんですね。なので納豆を食べるのもとても良い事です。

納豆に大量の砂糖を入れて食べる方がいらっしゃいますが、その方法は逆効果なので止めてくださいね。

あくまでも油分、脂肪分と糖分を控えた上でのお話ですから。

また、海藻や梅干し、大根・切干大根、とうがん、黒豆も血糖値を下げるのに効果的だと言われています。

さらにはキャベツの芯が血糖値を下げるのに効果的とも言われているのでキャベツの芯は捨てずにしっかりといただきましょう。

食生活を効果的に見直し、健康的になりましょう。

血糖値を下げると言われている野菜の食事を取ったあとは、一杯のコーヒーを飲むといいですね。

詳細は、血糖値を下げるコーヒー(←こちらをクリック・カチッ!)をご覧頂ければと思いますが、コーヒーにも血糖値の上昇を抑える成分が含まれています。

それに加え、食事の糖の吸収を緩やかにする「デキストリン」が豊富に含まれている

厚生労働省許可の特定保健用飲料「フィットライフコーヒー」は、理想的な食後の飲み物です。

コーヒー1杯で、約100円の厚生労働省許可特定保健用飲料は、血糖値が気になりだした方のための飲み物です。

⇒ 血糖値の上昇を下げる飲み物はこちらから!



NetCommons