コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸、マグネシウムには血糖値を下げる効果があります。

血糖値が高いと医師に診断され、食生活を見直さなければ!と思っていてもどうしたらいいかわからないとお困りではないでしょうか?

医師のアドバイスと治療を守った上で、日々の食事で野菜や果物を多くとったり間食を控えたり、適度な運動をしたり。

頑張って健康な自分に戻ろうとしているあなたにお知らせです。

あなたは実は、コーヒーが血糖値を下げるのに効果的だと知っていましたか?

間食を控えなさいと言われているのでなんだか“間食”という部類にはいりそうなコーヒーは血糖値を上げてしまいそうな印象を持たれていたかもしれませんね。

実はコーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸という成分が血糖値を上げるのを防ぐ効果があると最近わかったのです。

また、コーヒーに含まれているマグネシウムには血糖値を下げる役目を持つあなたの身体の中のインスリン(インシュリン)を分泌させる働きがあるので

ダブル効果でコーヒーはあなたの『高血糖』を治すことの手助けをしてくれるのです。

ですので間食はいけない!食後のコーヒーも我慢しなくては・・・!なんて思わず、食後のコーヒーをぜひ飲んでください

でも、ブラックコーヒーにしておいたほうがいいですね。


食後のコーヒーが理想なのは、特に、食後に血糖値が上がるからです。

これは、食事に含まれる糖が吸収されるからですが、

この糖の吸収を緩やかにするのが、「デキストリン」です。

厚生労働省許可の特定保健用飲料「フィットライフコーヒー」は、このデキストリンを豊富に含んでいるため、

食後に飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにします。

コーヒー1杯で、約100円の厚生労働省許可特定保健用飲料は、血糖値が気になりだした方のための飲み物です。

⇒ 血糖値の上昇を下げる飲み物はこちらから!

コーヒー由来の成分とデキストリンのトリプル効果で、血糖値の上昇を抑えて下さい。


NetCommons