血糖値を下げる成分は、唯一「インスリン:インシュリン」だけです。

あなたはインスリン(インシュリン)という言葉を聞いたことはありますか?

あまり血糖値がどうのなんて聞いたことがない人でも、テレビ番組で「糖尿病患者はインスリン注射を自分でしなくてはいけないのです」なんて言われているところを聞いたことがあるかもしれませんね。

実はこの『インスリン』という成分があなたの血糖値を下げることのできる唯一の救世主なのです。

あなたの食生活の改善や日々の努力はすべてこのインスリン(インシュリン)を自分自身で自分の体内から多く分泌させるためにしている事なのです。

「インスリン」と聞いたらなにかの薬名ではないのかと思われたかもしれませんが、実はインスリンはあなたの身体の中の成分なのです。

血糖値を上げるには数種類のホルモンでできますが、血糖値を下げるのにはたった一種類、インスリン(インシュリン)だけが使えるのです。

なので血糖値が高いあなたは頑張ってあなた自身の身体のインスリン(インシュリン)を分泌させるために頑張っているのです。

重度の糖尿病患者などでは外部からインスリンを注射することを治療としますが、できるならば食生活を改め野菜中心の食事をとるようにしあなたのインスリン(インシュリン)を呼び起こしましょう。

食後の血糖値は上昇しますので、インシュリンが分泌しにくい、すなわち、糖尿病の方などは、心配になるところだと思います。

食事に含まれる糖の吸収を緩やかにすることで、血糖値の上昇も緩やかになりますが、この糖の吸収を緩やかにするのが「デキストリン」です。

従って、この「デキストリン」を多く含んだ飲み物を食後に摂取することがよいのですが、

厚生労働省許可の特定保健用飲料「フィットライフコーヒー」は、デキストリンを豊富に含んでいるため、

食後に飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにします。

コーヒー1杯で、約100円の厚生労働省許可特定保健用飲料は、血糖値が気になりだした方のための飲み物です。

⇒ 血糖値の上昇を下げる飲み物はこちらから!




NetCommons