糖尿病の食事は、油分・脂肪分・糖分を取り過ぎず、間食を止めて、カロリーの低い食べ物をよく噛んで食べて下さい。

血糖値が上がり、『高血糖』になった結果、『糖尿病』になってしまったあなたには、医師の診断と治療法のアドバイスを実践した上で、自己管理で食事療法をしなければなりません。

今までと同じように気付かず油分、脂肪分、糖分をとりすぎている食生活を続けるとあなたの血糖値を下げてくれるインスリン(インシュリン)を増やすどころか減る一方で、いつまで経ってもあなたの糖尿病は治りません。

また、気付いていない場合も含めて食べすぎで糖尿病になってしまっている人が多いのでダイエットとまでは言いませんが今までよりも食べる量を徐々に減らしていかなければなりません。

糖尿病になってしまったあなた、自分のお腹を触ってみてください。

ぷよぷよしていませんか?ぽっこりしていませんか?

それらはあなたが糖尿病になってしまったという証拠です。

ならば、そのお腹がどんどん引き締まって行けば、血糖値も体重も減るということなのです。

まずは、間食を止めてカロリーの低い食べ物で空腹を満たし、1日3食しっかり食べましょう。

ごはんは何回も噛んで味わって食べれば少量で満腹になるのもコツですよ!

また、食後には、血糖値が上昇しますので、食後の血糖値の上昇を緩やかにする1杯約100円の厚生労働省許可特定保健用飲み物!で、食後の血糖値を下げて下さい!

⇒ 食後の血糖値の上昇を下げる飲み物はこちら




NetCommons