『血糖値』(けっとうち)とは、血液内のグルコースと呼ばれるブドウ糖(糖分)の濃度のことです。

血糖値の上昇は、知らず知らずのうちに、不規則な食生活から、起こっています。

自分は関係ないと思われている方も多いかもしれませんが、健康診断などで、血糖値が高くなっていたりして、「コレステロールをさげて下さい」なんて、医師から言われてビックリなんて、心当たりの方も多いのではないでしょうか?

そもそも、血糖値とはなにか?あなたはしっかりと理解していますか?

お医者さんに、「血糖値が高いので気をつけて下さい!」と言われ、

「はい」と答えたものの、血糖値とは何かといったこともよく分からず、もちろん、そのリスクや対処法も分からないのではないでしょうか?

では、『血糖値』とはいったい何なのでしょうか?

『血糖値』(けっとうち)というのは、血液内のグルコースと呼ばれるブドウ糖の濃度のことを表しています。

ブドウ糖は、糖分のようなものです。

通常、健康な人の場合ですと空腹時は約80〜100mg/dという数値の範囲に入っています。

これより低いと【低血糖】、これより高いと【高血糖】と呼ばれます。

私たちの血液は健康な場合、常に血糖値を下げる作用をするインスリン(インシュリン)と血糖値を上げる数種類のホルモン分泌によりバランスを保っています。

このバランスが崩れて、高血糖になると糖尿病になる可能性がとても高いので、血糖値には気をつけなければならないのです。

食後は、特に血糖値が上昇します。

この食後の血糖値の上昇を緩やかにする1杯約100円の厚生労働省許可特定保健用コーヒー!で、気になる食後の血糖値を下げて下さい!

⇒ 食後の血糖値の上昇を下げる飲み物はこちら

血糖値の気なる方には、是非、お試し頂きたいコーヒーです。




NetCommons